WHOがマスク・手袋の買い占め自重求める 「市場は深刻な混乱に陥っている」

 【ジュネーブ=板東和正】世界保健機関(WHO)は7日、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、マスクや手袋などが世界的に不足していると警告した。WHOによると、世界におけるマスクや手袋などの需要が通常時の最大100倍、価格が同20倍になっているという。WHOは医療機関に十分に行き渡っていないことに危機感を示し、転売目的の買い占めなどを自重するよう求めた。
(産経BIZ)