PCR検査、拡充鈍い日本 ニーズ急増、医療態勢維持しつつ強化急ぐ

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、感染の有無を調べる「PCR検査」の態勢拡充が大きな課題となっている。感染に関する相談件数に対する検査の実施件数が少ない上、医師が必要と判断しても検査されないケースも指摘される。政府は「医療崩壊」を防ぐため希望者全員に検査を行う考えはないが、諸外国より検査件数が少ないとの批判も念頭に態勢強化を進める。
(産経BIZ)