iPSで網膜色素変性症を治療 神戸市立病院が計画申請、来年の移植目指す

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から目の網膜のもとになる細胞を作り、「網膜色素変性症」という難病の患者に移植する臨床研究について、神戸市立神戸アイセンター病院は9日、大阪大の有識者委員会に計画の審査を申請したと発表した。妥当と認められれば厚生労働省の承認を経て、来年にも移植を行う見通しだ。
(産経BIZ)