GW帰省に地方危機感 高齢化や医療脆弱で一気に拡大も

 25日から始まった大型連休の直前、地方の知事らが新型コロナウイルスの感染者が多い首都圏などからの帰省や旅行を控えるようにと声を上げた。政府や専門家も連休中に全国的に感染が広がることを危惧し、ビデオ通話を使った「オンライン帰省」を呼びかける。背景には、重症化リスクの高い高齢者が多く、命を守る医療態勢が脆弱(ぜいじゃく)である地方ならではの事情と危機感がある。
(産経BIZ)