2022年まで「社会的距離」必要 米ハーバード大、新型コロナ再流行の恐れ予測

 新型コロナウイルスの流行は2022年まで続く可能性があり、感染拡大を防ぐために人と人の距離を保つ「社会的距離(ソーシャルディスタンス)」を取る対策を断続的に維持する必要があるとの予測を、米ハーバード大の研究チームが発表した。米科学誌サイエンスに14日、論文が掲載された。
(産経BIZ)