「酒に弱くなる遺伝子」が関係か 「再生不良性貧血」発症の一端を解明

 「酒に弱い体質」の人が持つ遺伝子変異が、血液細胞が十分に作れない難病「再生不良性貧血」の一種の発症に関係している-。こうした研究結果を京都大の高田穣教授(分子生物学)らの研究グループが発表した。遺伝子変異で発症した患者 […]

Continue Reading