WHO専門家会合が開幕、新型コロナウイルス対策、台湾もオンラインで参加

 【ジュネーブ=板東和正】世界保健機関(WHO)は11日、新型コロナウイルスに関する専門家会合をスイス・ジュネーブのWHO本部で開いた。会合は12日まで。世界各国から約400人の専門家が参加し、ウイルスの発生源について話し合うほか、ワクチンや治療薬を開発する行程表(ロードマップ)の策定に向けた協議を行う。
(産経BIZ)