iPSがん化、画像で確認 再生医療より安全に

 体に移植した人工多能性幹細胞(iPS細胞)が、がん化していないかどうかを陽電子放射断層撮影装置(PET)画像で確認する仕組みを、慶応大の岡野栄之教授らのチームが開発し、米科学誌に6日発表した。体を傷つけずにiPS細胞の状態を確認することが可能で、問題があれば切除などの対策を早期に行えるため、より安全な再生医療の実現につながると期待される。
(産経BIZ)