20代男性医師が陽性、新たな院内感染か 相模原協同病院

 相模原市は6日、相模原協同病院(同市緑区)で、20代男性医師の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。同院の一般病棟で感染者が確認されるのは初めて。男性医師は感染症病床での医療行為に関わりはなく、市は外来患者などとの接触による院内感染の可能性もあるとみている。
(産経BIZ)