首都圏の3県も街は様変わり 緊急事態宣言1週間

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が緊急事態宣言を発令してから14日で1週間となった。宣言の対象となった首都圏の神奈川、埼玉、千葉の3県でも繁華街などの人出が宣言前よりも減り、街は様変わりした。事態の収束が見通せない状況に、飲食店の経営者らからは不安の声も上がっている。
(産経BIZ)