静岡県、クラスター発生で警戒レベル4に 中部3県への移動で再び注意喚起

 熱海市と浜松市で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したことに伴い、県は28日に対策会議を開き、県内の流行状況を「感染移行期・後期」と判断した。これに伴い、6段階に分けた警戒レベルを現状の3(県内注意、県外警戒)から4(県内警戒、県外警戒)に引き上げた。
(産経BIZ)