難病治療 大阪大、「明暗順応」の仕組みを解明 光の感度調節、視力低下予防も

 暗い所や明るい所に急に入っても、しばらくすると目が慣れる明暗順応と呼ばれる働きの分子レベルの仕組みを、大阪大の古川貴久教授(神経発生学)らのチームが解明した。
(産経BIZ)