難しい福祉施設内の感染予防 集団感染を防ぐ根本的な取り組みが必要に

 千葉県東庄町の障害者福祉施設「北総育成園」で入所者と職員の58人の新型コロナウイルス集団感染が明らかになり、加藤勝信厚生労働相は29日、専門家の派遣を表明するなど対応を進めた。県などによると施設の入所者は個室で生活していたが、作業をグループで行ったり、食事は食堂で一緒に取っていた。同様の福祉施設は全国に存在しており、入所者や職員の感染予防の難しさも露呈。施設内での集団感染を防ぐ根本的な取り組みが必要となりそうだ。
(産経BIZ)