院内感染多発の大阪 「対策チーム」発足も人材確保が課題に

 新型コロナウイルスの感染拡大で、大阪府は「なみはやリハビリテーション病院」(大阪市生野区)でクラスター(感染者集団)が起きたことなどを受け、専門の「院内感染対策支援チーム」を発足。災害派遣医療チーム(DMAT)での経験のある医師や看護師も加わっており、感染経路の調査や、入院患者の転院の支援などに当たっている。ただ、サポート態勢が充実しても実際に感染者に対応する医療従事者は逼迫(ひっぱく)しており、人材確保が課題だ。
(産経BIZ)