配達需要増加、失業の「受け皿」に “心ない対応”にも直面

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で自宅にいる時間が長くなり、個人あての宅配便や食事デリバリーサービスの需要が高まっている。運輸業界は慢性的な人手不足が深刻化していたが、コロナ禍で失業した他業種の人が配達員へ転職するケースもあり、「雇用の受け皿」に。ただ、配達員は激務に加え、利用者からの心ない対応にも直面しているようだ。
(産経BIZ)