都立校、新型肺炎の感染確認なら14日間の臨時休業 都庁展望室3月15日まで閉鎖

 東京都は26日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、都立の中学校、高校、特別支援学校で児童・生徒、教職員が感染した場合、感染が確認された日から14日間休校する方針を明らかにした。満員電車の利用を避けるため、通常日の始業時間を繰り下げ、部活動も自粛を促す。また、都庁第1本庁舎45階にある展望室を3月15日まで閉鎖する。26日に開かれた都の対策本部会議で確認した。
(産経BIZ)