西村担当相、感染状況把握へ「K値も参考にしたい」 直近1週間の増加率

 西村康稔経済再生担当相は17日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染状況の傾向をつかむ新たな指標「K値」について「傾向を見るには指標にはなると思う。今後、判断していく上で参考にしたい」と述べた。K値は直近1週間での累積感染者数の増加率を示す数値で、小さいほど収束に向かっていることを意味し、曜日のばらつきを考えなくてよいことが注目されている。
(産経BIZ)