血液1滴で高精度がん診断 東芝など技術開発、2時間以内に99%の精度で検出

 東芝は25日、1滴の血液からがんの有無を診断する検査法で、血液の採取から2時間以内に99%の精度で安価にがんを検出できる技術を国立がん研究センター研究所などと共同開発したと発表した。現時点では乳がんや膵臓(すいぞう)がんなど13種類のがんのいずれかに罹患(りかん)していることが分かるだけだが、将来的には個別のがんの識別が目標。来年から東京医科大などと共同で実証実験を行い、数年以内の実用化を目指す。
(産経BIZ)