血栓のリスクに要注意 厚労省は診療手引改訂 重症度を分類

 厚生労働省は18日、新型コロナウイルス感染症の患者の診療に当たる医師らに活用してもらう診療の手引を改訂したと発表した。患者は肺の血管に血栓ができて呼吸不全につながる恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。
(産経BIZ)