自主隔離できる宿泊施設の紹介サイト開設 5千室確保目指す

 「感染していたら、家族に申し訳ない」「外国から帰国したばかりで、住む場所がない」-。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う新たなニーズに応えようと、民泊運営代行業「マツリテクノロジーズ」(東京都豊島区)は24日、自主的に隔離生活する人にホテルや民泊物件を紹介するウェブサイト「Sumyca(スミカ)」を開設した。需要が急減した宿泊施設を支援する狙いもある。
(産経BIZ)