習慣化と忍耐…「新しい生活様式」国民に迫る 専門家会議

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策を検討する政府の専門家会議(座長・脇田隆字(たかじ)国立感染症研究所長)は4日、提言をまとめ、新規感染者数が限定的となった地域で、感染拡大の防止と社会経済活動を両立させるための「新しい生活様式」の実践例を示した。行動制限の緩和と引き換えに、生活スタイルの変革を細かい動作にまで踏み込んで求めている。
(産経BIZ)