緊急事態宣言後 新幹線特急40%以上減少、山手線も30%超

 JR東日本は13日、政府による緊急事態宣言が発令された前後の利用者データの比較結果を明らかにした。新幹線や在来線特急の利用者は1~3日と8~10日の平日を比べると43%減、4、5日と10、11日の土日は46%減だった。
(産経BIZ)