緊急事態宣言再発令後、昼の会食急減 2年前と比較し半数以下に

 首都圏の1都3県に緊急事態宣言が再発令された後、全国の飲食店の昼の時間帯の予約件数が急減したことが13日、飲食店の予約データの分析で分かった。新型コロナウイルス感染拡大の要因の一つとされる会食が、時短営業や外出自粛が要請された夜の時間帯以外にも減ったことが裏付けられた。
(産経BIZ)