給食再開の動き本格化 対面避けて献立少なく…さまざまな工夫

 新型コロナウイルスによる長い休校が明け、各地で学校給食再開の動きが本格化している。感染防止のため、子供同士が向かい合わないようにしたり、配膳時の接触機会を減らそうと献立の品数を少なくしたりと、自治体や学校がさまざまな工夫を凝らす。コロナと隣り合わせの新たな学校生活への模索が始まった。
(産経BIZ)