狂犬病発症の男性死亡 国内では14年ぶりに確認

 愛知県豊橋市は15日、フィリピンから来日後に狂犬病を発症し、同市内の病院に入院していた静岡市内在住で外国籍の30代男性が13日未明に死亡したと発表した。昨年9月ごろにフィリピンで犬にかまれ、感染したとみられていた。
(産経BIZ)