潜在看護師に復職呼び掛け 新型コロナで現場は逼迫

 新型コロナウイルス感染症への対応で看護師の人員が逼迫(ひっぱく)している。感染症対応のベッドを増やし、院内感染を防ぐ対策に追われ、影響は新型コロナ肺炎の患者だけにとどまらない。日本看護協会(東京、福井トシ子会長)は、資格を持っていて現在は離職している「潜在看護師」の復職を要請するほか、患者受け入れ病院の看護師が偏見や差別にさらされているとして理解と支援を訴えている。
(産経BIZ)