東北6県企業の約9割が「影響出ている」 東京商工リサーチが調査

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、民間調査会社「東京商工リサーチ」が東北6県の企業を対象に実施した調査で、事業活動に「すでに影響が出ている」「今後影響が出る可能性がある」と回答した企業が91・3%に上ったことが分かった。「(影響が)出ている」と「出る可能性がある」を合わせた「影響がある」の割合は前回調査(2月)と比べ38・3ポイントも増加しており、同東北支社は「3月の売り上げはもう一段の悪化に向かう可能性もある」としている。
(産経BIZ)