東京拘置所の被告が新型コロナ感染 刑事施設収容者で初

 法務省は11日、東京拘置所(東京都葛飾区)で勾留中の60代の男性被告が新型コロナウイルスに感染したと発表した。刑事施設の刑務官が感染したケースはあったが、収容者の感染が確認されたのは初めて。
(産経BIZ)