新種の深海生物にプラ粒子 6千メートル超のマリアナ海溝

 太平洋のマリアナ海溝の水深6千メートルを超える深海で見つかった新種の甲殻類の体内に、プラスチックの微粒子「マイクロプラスチック」が含まれていたと、英ニューカッスル大の研究グループが明らかにした。グループは「海のマイクロプラスチック汚染の広がりを示す調査結果だ」と指摘している。
(産経BIZ)