新潟県、診察外来とPCR検査を一体化 第2波に備え

 新型コロナウイルス感染拡大の第2波に備えて、新潟県は、感染の疑いがある人を診察する「診察外来」と、検体採取を行う「PCR検査センター」を一体化した施設を新潟市内に6月1日開設する。診察と検体採取をワンストップで行うことにより、診療の効率化と検査能力の拡充を図る。地域の自治体と医師会が連携してこうした施設を開設するのは全国的にも珍しいという。
(産経BIZ)