新型肺炎で広がる差別 不当な扱い、ネット中傷…相模原中央病院関係者ら困惑

 新型コロナウイルスの感染者が確認された病院で、関係者や家族が、日常生活で他人から差別的な扱いを受けたり、インターネット上で誹謗中傷を受けたりするなど、感染拡大を端緒とする波紋が広がっている。相模原中央病院(相模原市中央区)は18日、「いわれのない扱いを受けている」などと訴える文書を公表。市も「過剰反応せず、冷静に対応してほしい」と呼びかけ、差別への警鐘を鳴らしている。
(産経BIZ)