新型肺炎で対策本部設置 宮城県、訓練も実施

 新型コロナウイルスによる肺炎の発症者が国内でも確認されたことを受け、宮城県は27日、対策本部を設置した。県内では同日時点で発症者は確認されていないが、庁内での情報共有態勢を整えた。また新型肺炎を念頭に、新型インフルエンザの発症者が県内で確認された想定で訓練も行われ、担当者らが対応の手順を確認した。県は、予防のために手洗いやうがいの励行も呼びかけている。
(産経BIZ)