新型肺炎「SARSより感染しやすい構造」 米テキサス大解析

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスで感染の鍵となる分子の立体構造は、重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスのものと比べて人の細胞に感染しやすい特徴がみられたとする解析結果を、米テキサス大オースティン校などのチームが米科学誌サイエンス電子版に19日、発表した。
(産経BIZ)