新型肺炎、静岡県内で中国団体ツアーのキャンセル相次ぐ 県は対策強化

 中国を中心に感染拡大が続く新型コロナウイルスによる肺炎の静岡県内での発生に備え、県が対策を強化している。各保健所に相談専用ダイヤルを開設したほか、医療機関に掲示する中国語のポスターを作成し、市町や医療機関と連携して対策の徹底を呼び掛けている。ただ、すでに県内でも中国人観光客を中心に宿泊キャンセルが相次いでおり、本来なら春節期間中で書き入れ時となる観光業界を直撃している。
(産経BIZ)