新型肺炎、陽性でも軽症者は自宅療養 厚労省が都道府県ごとの判断を認める

 厚生労働省は1日、新型コロナウイルスの感染が拡大し、地域の重症者や高リスク患者の治療に支障が出そうな場合は、都道府県知事の判断で、軽症で持病がない人は自宅療養させることを認めると明らかにした。
(産経BIZ)