新型肺炎、抜本対策は困難 電車やタクシー、バスなど公共交通機関で不安の声

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、不特定多数の人が利用する鉄道など交通インフラについても警戒感が強まっている。混雑した公共交通機関では、乗客同士らが近づかざるを得ず「根本的対策は難しい」と不安の声もあがる。ただ、国内では死亡など深刻な重症化は発覚しておらず、丁寧な手洗いなど講じるべき対策もあるため、政府は冷静な対応を呼びかける。
(産経BIZ)