新型肺炎、届け出対象拡大 厚労相「防止態勢敷く」

 中国・武漢から新型コロナウイルスによる肺炎の広がりを受け、加藤勝信厚生労働相は31日の閣議後記者会見で、武漢市の滞在歴や発熱がある患者を医療機関が保健所に届け出る「疑似症サーベイランス」の対象を拡大する方針を示した。加藤氏は「より広範な防止態勢をしっかりと敷いていきたい」と強調した。
(産経BIZ)