新型肺炎、クルーズ船の客室待機長期化…朝食が昼過ぎに 

 乗船者10人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認された横浜港に停泊した後、沖合に離れたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では5日朝、同日から14日間は船内にとどまるように求めるアナウンスが流れ、乗客には戸惑いが広がった。食事がルームサービスになったことで配膳に時間がかかり、朝食の提供が昼すぎにずれ込むなど、乗客に我慢を強いる事態が出始めている。
(産経BIZ)