新型肺炎 「医師の感染は衝撃的…」和歌山県も困惑

 新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、ウイルスに感染していた神奈川県内の80代女性が13日に死亡し、国内で初となる死者が確認された。一方、和歌山県では、県内に住む50代の男性外科医が新型コロナウイルスに感染したことも判明、東京都内ではタクシー運転手の感染も明らかになった。一向に収束する気配のない状況に、関係者の間には衝撃と困惑が広がった。
(産経BIZ)