新型コロナ重症化を遺伝子レベルで解明へ 慶大など

 新型コロナウイルスによる日本の死者が欧米より低く抑えられている背景を、遺伝子レベルで解明する試みが国内で始まった。慶応大や東京医科歯科大などが共同で研究プロジェクトを発足。日本人患者の遺伝子解析から重症化要因を突き止めることを目指し、治療やワクチン開発への応用も視野に入れる。
(産経BIZ)