新型コロナ専門家会議、無症状の海外帰国者にも「待機」要望 

 新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大していることを受け、政府の専門家会議(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)は17日、欧州の流行地域や東南アジアなどからの帰国者や訪日外国人で症状のない人にも入国から2週間、自宅や宿泊施設などで待機し、健康観察するよう求める要望書を厚生労働省に提出したことを明らかにした。
(産経BIZ)