新型コロナ分科会に高まる危機感、指標の数値化は難航も 

 新型コロナウイルス感染症対策分科会の7月31日の会合では、出席者から全国的な感染拡大に対する危機感の表明が相次いだ。全国共通の指標作りに踏み出したのは、感染症対策を都道府県単位で行うのには限界があるためだ。ただ、都市部と地方では感染状況や医療提供体制の違いは大きく、感染段階を判断する指標の数値は決まらなかった。
(産経BIZ)