新型コロナウイルス対策急ぐ鉄道各社 「電車の消毒どこまで」悩む声も

 新型コロナウイルスをめぐり、鉄道各社などが感染拡大防止に向けた対応に追われている。利用客に対し、駅構内や車内のアナウンスで在宅勤務などの「テレワーク」や時差出勤の呼び掛けを始めたほか、マスクの着用など「せきエチケット」への協力も訴えている。電車内や駅など施設の消毒も重要課題だが、事業者からは「どこまで徹底できるか」との声も漏れる。
(産経BIZ)