新型コロナで逼迫する医療現場、オンライン診療の拡充がカギに

 新型ウイルスの感染拡大防止のため政府が発令した緊急事態宣言を前に、逼迫(ひっぱく)する大都市圏の医療現場では医師らが疲弊し、病床は限界に近づいている。医療崩壊を回避するには、軽症者や無症状者を施設療養に移行せざるを得ない段階に突入。今後は重症者の治療を優先する態勢整備に加え、院内感染防止を目的にしたオンライン診療の拡充がカギを握りそうだ。
(産経BIZ)