新型コロナ、滋賀医大がサルでヒトの症状再現に成功

 滋賀医大は29日、同大医学部病理学講座の伊藤靖教授らのグループが、カニクイザルを新型コロナウイルスに感染させて症状などを再現し、ワクチンや治療薬の開発につなげる手法を国内で初めて開発したと発表した。ハムスターなどと比べて遺伝的に人間に近いカニクイザルは症状や薬への副作用なども人間と似ているとされ、伊藤教授は「ワクチン開発にかかる時間を数年単位で短縮できる可能性もある」と話している。
(産経BIZ)