抗炎症薬「デキサメタゾン」で死亡率低下 新型コロナ、英大チーム研究

 炎症を抑える作用があり、気管支ぜんそくなどの治療薬として使われる「デキサメタゾン」が、新型コロナウイルスに感染した重症患者の死亡率を下げる効果があることが英オックスフォード大チームの研究で分かった。英政府が16日発表した。国内の国立病院での使用も承認した。
(産経BIZ)