憂鬱さのピークは先進国で47.2歳 研究所が生活の充足度と年齢の関係を計測

 先進国では憂鬱さのピークが47.2歳と、中年層が最も惨めに感じていることが、全米経済研究所(NBER)が発表した最新の経済研究で分かった。
(産経BIZ)