感染者減少へ時短営業開始 東京の飲食店、午後10時まで

 東京都内では3日、新型コロナウイルスの感染状況の悪化を踏まえ、酒類を提供する飲食店やカラオケ店に対して都が今月31日まで要請している午後10時までの時短営業期間に入った。3日は新たに258人の感染者が報告され、悪化傾向に歯止めがかかっていない。
(産経BIZ)