患者集団「クラスター」対策 ライブハウスなど自粛ムードに不安

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、「クラスター」と呼ばれる患者集団をめぐる対策が急務だ。政府の専門家会議は重症化リスクの低い若者から広がっている可能性を指摘し、避ける場所としてライブハウスやスポーツジムなどを列挙した。名指しされた形の施設側は営業の制限や公演の延期を余儀なくされ、先の見えない“自粛モード”に不安と不満を募らせている。
(産経BIZ)