小型改良版ECMOを開発 長期使用や持ち運び可能に、国循

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は10日、新型コロナウイルスに感染した重症患者の治療などにも用いられている人工心肺装置「体外式膜型人工肺(ECMO=エクモ)」の小型改良版を開発し、治験を始めると発表した。従来装置よりも長期使用が可能で、操作性や安全性も向上するという。
(産経BIZ)